ダムラー旅行記

当ブログへの訪問ありがとうございます。 このブログはダムカードのコンプリートを目指しつつ、日本各地の観光スポットや名(迷)所などを巡る旅の旅行記です(ダムツアーと呼んでいます)。また、ダムカードを集める前も放浪旅をしていたのでそれも紹介していきたいと思います。旅の参考にして頂ければと思います。

MENU

ダムカード

 よく、友人や知人にダムカードって何?って聞かれることがあります。

既にご承知の方もいるでしょうが、説明します。

 

 ダムカードとは、国土交通省独立行政法人水資源機構都道府県や電力会社等ダムを管理する管理者が発行するカードで2007年より配布が開始されました。(因みにカードが作られたきっかけはダムマニアからの要望だったようです)

 

 ダムカードには、公式と非公式があり

統一された規格でデザインされたカードを公式

ダム管理者が独自にダムカードに似せて発行されたカードを非公式

と呼ばれることがあります。

f:id:Ksuke-D:20200503135217j:plain

公式カード

f:id:Ksuke-D:20200503135224j:plain

建設中のダムのダムカード

f:id:Ksuke-D:20200503135232j:plain

非公式カード(画像は宮城県ダムカード

因みに堰堤で発行されている、ダムカードに似せて作成された堰カードあります。

また、記念カード(何周年など)も枚数限定で発行されることもあります。

f:id:Ksuke-D:20200503135237j:plain

堰カード

f:id:Ksuke-D:20200503135241j:plain

f:id:Ksuke-D:20200503135245j:plain

記念カード

 

発行当初は111のダムで発行されましたが、今は非公式も含めると何枚発行されているのか不明です。(^^;)

(2019年時点では公式カードだけでも600枚を超えています)

 

 カードにはダム名、ダムが建設された目的(記号で表示)、ダムの形式(記号)、バージョンが表面に記載されています。

裏面には、ダムの貯水量、堤高、管理者等ダムに関する情報が記載されています。

 

f:id:Ksuke-D:20200503135253j:plain

ダムカードの裏面(大度ダム)



 ダムカードは、基本的に現地の管理事務所で入手できます。

ダムによっては、ダムに行った証明(写真を撮影するなど)を道の駅や観光協会などダムと離れた場所で提示しての配布もあるので注意が必要です。

配布時間も様々なので(基本的には朝~夕方、平日のみの配布もあり)、事前に調べて行くことが重要になってきます。

 

次回は自分のダム旅行(ダムツアー)のプランの仕方を紹介します。